JSで任意のパラメータの取得について

/**
 * Get the URL parameter value
 *
 * @param  name {string} パラメータのキー文字列
 * @return  url {url} 対象のURL文字列(任意)
 */
function getParam(name, url) {
    if (!url) url = window.location.href;
    name = name.replace(/[\[\]]/g, "\\$&");
    var regex = new RegExp("[?&]" + name + "(=([^&#]*)|&|#|$)"),
        results = regex.exec(url);
    if (!results) return null;
    if (!results[2]) return '';
    return decodeURIComponent(results[2].replace(/\+/g, " "));
}

任意のパラメータの取得 めもめも

めもめも

「めんどくさい」の正体を脳科学者に聞く
https://lidea.today/articles/002134?utm_source=tw&utm_medium=social&utm_content=2134&utm_campaign=contents_share

これは面白い。

とあるサーバの特殊な環境で行なったWordPressのログインページの変更

wp-login.phpの文字列を検索
変更したいファイル名に置き換え。
変更したファイル名のなかのソースをスキーマーがsite_urlの箇所をhttpsの引数に
cssの読み込みの箇所も変更
69行目とかその辺り

site_url('/wp-admin/load-styles.php?c=1&dir=ltr&load%5B%5D=dashicons,buttons,forms,l10n,login&ver=4.8.5', 'https');

wp-で始まるphpがwafで制限がかかる場所になっているようなかんじ?

firefox
safari

ユーザーCSS

div[data-testid='sidebarColumn']{
    display:none;
}
.r-1ye8kvj{
    max-width:100%;
}

.r-o96wvk,
.r-f9dfq4{
    width:60px;
}
.r-e7q0ms{
    border-radius:0;
    padding:5px;
    text-indent:-9999em;
}
.r-1waj6vr{
    box-shadow:none;
}
.r-17bavie{
    min-width:40px;
}

section[aria-labelledby="master-header"],
section[aria-labelledby="detail-header"]{
	max-width:600px;
}

nav[role="navigation"] .r-y3t9qe,
nav[role="navigation"] .r-1joea0r{
	margin:0;
}
nav[role="navigation"] .css-901oao.css-bfa6kz.r-1qkqhnw.r-gwet1z.r-1b6yd1w.r-vw2c0b.r-ad9z0x.r-1joea0r.r-y3t9qe.r-bcqeeo.r-qvutc0, /* activ */
nav[role="navigation"] .css-901oao.css-bfa6kz.r-1fmj7o5.r-gwet1z.r-1b6yd1w.r-vw2c0b.r-ad9z0x.r-1joea0r.r-y3t9qe.r-bcqeeo.r-qvutc0{
	display:none;
}
.css-4rbku5.css-18t94o4.css-1dbjc4n.r-l779s2.r-42olwf.r-sdzlij.r-1phboty.r-rs99b7.r-1waj6vr.r-1loqt21.r-1w2pmg.r-1jayybb.r-17bavie.r-15bsvpr.r-o7ynqc.r-6416eg.r-lrvibr, /* hover */
.css-4rbku5.css-18t94o4.css-1dbjc4n.r-18z3xeu.r-42olwf.r-sdzlij.r-1phboty.r-rs99b7.r-1waj6vr.r-1loqt21.r-1w2pmg.r-1jayybb.r-17bavie.r-15bsvpr.r-o7ynqc.r-6416eg.r-lrvibr{
    border-radius:4px;
    margin:0;
    min-width:auto;
    width:60px;
    position:absolute;
    top:-5px;
    left:-10px;
}
header .css-1dbjc4n.r-vpgt9t.r-e7q0ms{
	padding:0;
    position:relative;
}

このままだとブラックの時にしか完全には動かないし検索ボックスも合わせて削除しちゃってるのでどうにかしたいね。

CeVIOテキストコンバーターの

動画のコメントにボイロ2のことの情報があってちっと調べてみたら
インポートはやっぱりないけど
エディタ部分がinput=textじゃなくってtextareaというような感じなんだねぇ。
複数業のコピペをした際にキャストが書かれた文章をキャラの振り分けとして認識してくれるのだろうか。

あとは
ボイスロイド2のライブラリ化に伴うボイスロイド1のキャストには(v1)とつくっぽいが
ゆかりさんみたいに1と2、両方にキャストが存在している場合はどうなるんだろう?
という書きなぐりを残し保存

contact form7

メモ
テンプレート側から取る手段として

https://contactform7.com/ja/getting-default-values-from-shortcode-attributes/

こっちも

<?php echo do_shortcode('[ショートコードの文字列]'); ?>

良い記事。

ほんと良い記事。
https://toyokeizai.net/articles/-/282367

広告代理店も儲かるところは儲かるのだろうけども
なにかにつけてゆるきゃらとかはもうお腹いっぱい。

これもよかった
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190522/k10011925201000.html

うーん・・・。
http://news.livedoor.com/article/detail/16502032/

Perlを知らないからe修飾子というのがよぐわがんにゃい。

うーん。
クライアントが使っている
WordPressのプラグインの修正をしたのだけども単純にコピペで修正しただけだから時間をとってなんでこうなるのかを勉強しておこうと思うためのメモ。

//Warningがでていた
preg_replace('~&#x0*([0-9a-f]+);~ei', 'chr(hexdec("\\1"))', $faq_tag);

//とりあえずこれで対応した。
preg_replace_callback('~&#x0*([0-9a-f]+);~i', function($m){return $m[1].'('.strlen($m[1]).')';}, $faq_tag);

WordPressの’compare’ => ‘LIKE’

部分一致扱いやんけ!

えらい苦労した。
完全一致が=としてるなら、まぁそういう場合もあるよなと考えるべきだったのかどうなのか・・・。